MIT、サイバー攻撃の85%を検知する人工知能プラットフォーム「AI Squared」を発表

 

マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピュータ科学および人工知能研究所(CSAIL)が米国時間4月18日に述べたところによると、「アナリスト主導のソリューション」の多くは人間の専門家が作った規則を利用するため、既定のパターンに合致しない攻撃を見逃す可能性もあるが、そうした状況を一変させる人工知能プラットフォームが新たに開発されたという。
http://japan.zdnet.com/article/35081389/?tag=mcol;relArticles

 MITによると、「AI Squared」(AI2)と呼ばれるそのプラットフォームは、85%の攻撃を検知(現在のベンチマークの約3倍の確率)するほか、偽陽性も5分の1に減らすという。

TechRepublic Japan関連記事
SIEMとMSSの注目ベンダーはこれだ–セキュリティ対策を見極めて賢く選ぶ
人間と機械学習が団結してサイバー攻撃に対抗–PatternExのAIセキュリティ
 後者は重要である。なぜなら、誤検出によって偽陽性が誘発されると、保護システムに対する信頼性が低下するおそれがあるほか、その問題を調査しなければならないIT専門家の時間も無駄になってしまうからだ。

 AI2のテストは「ログライン」として知られる36億件ものデータを使って実施された。これらのログラインは、2000万人以上のユーザーによって3カ月の間に生成されたものだ。AIはこの情報をくまなく調べ、機械学習を用いてデータをまとめて疑わしい活動を検知した。異常と判定された活動は人間のオペレーターに提出され、フィードバックが出された。

 CSAILのリサーチサイエンティストであるKalyan Veeramachaneni氏は、「このシステムは、バーチャルアナリストとみなすことができる。AI2は新しいモデルを絶えず生成し、わずか数時間で洗練されることで、検知率を大幅かつ迅速に高めることが可能だ」と話す。

 AI2は1日に何十億件ものログラインをスキャンし、それぞれのデータが「正常」か「異常」かを評価することができる。攻撃が発生すればするほど、そして人間のオペレーターがフィードバックを返せば返すほど、AI2はより効果的になる。なぜなら、AI2は何に注意すればいいのかを学習するからだ。

 Veeramachaneni氏によると、この「カスケード」効果により、将来の攻撃予想の精度は向上し続けるという。

 MITによると、AI2は3種類の学習方法を使用して、毎日の終わりに重要なイベントを提示し、オペレーターがそれらのイベントを分類できるようにするという。その後AI2はモデルを構築し、チームが「continuous active learning system」(絶えず活発な学習システム)と呼ぶシステムを通じて洗練されていく。

Japanese firm to open world’s first robot-run farm

P1100518_m

http://gigazine.net/news/20160220-worlds-first-robot-farm/

「ロボット野菜工場」を開始するのは株式会社スプレッドが持つ京都の亀岡プラントで、無菌状態の高品質なレタスを提供する野菜工場として、GIGAZINEでも以下のように取材を行っています。

ベジタス「野菜工場」亀岡プラントで野菜の安定供給の次世代スタイルを見た – GIGAZINE

2017年中頃にロボット野菜工場の運用がスタートする予定で、ロボットは稚苗を水耕栽培用の水田に植え替える作業および、刈り取りや収穫といった作業を自動で行うことができるようになるとのこと。ロボットの運用が始まれば、工場では1日に5万個~21万個のレタスを栽培できるようになり、5年以内に1日50万個まで収穫数の拡大が計画されています。

スプレッドのグローバルマーケティング部門のマネージャーを務めるJJ Price氏によると、「種子の植え込みは人間の手でする必要があるものの、それ以外のほぼ全てのプロセスが全自動で行われるでしょう」と計画について話しています。工場のスタートにより、既存の亀岡プラントに比べて労働コストは半分になり、LEDライトによってエネルギーコストは3分の1に抑えることができるほか、農作物を育てるために使われる水の98%は再利用されるとのこと。

ロボット野菜工場を開始するにあたって、スプレッドは「我々のロボット工場は、農業の新しいモデルを示すことになります。しかし、ロボットを人間に置き換えることが目的ではなく、人間とロボットが一緒に働ける新しいモデルを開発することで、特に若い人たちの農業に対する関心を高めたいのです」と語っています。
Spread says it will open the fully automated farm with robots handling almost every step of the process
Spread’s indoor lettuce farm in Kameoka, Kyoto prefecture, in 2012
3258
http://www.theguardian.com/environment/2016/feb/01/japanese-firm-to-open-worlds-first-robot-run-farm

Spread’s indoor lettuce farm in Kameoka, Kyoto prefecture, in 2012. Photograph: AFP/Getty
Justin McCurry in Tokyo
Tuesday 2 February 2016 08.15 GMT Last modified on Tuesday 2 February 2016 09.36 GMT
Share on Pinterest Share on LinkedIn Share on Google+
Shares
2,380
Comments
19
Save for later
A Japanese company is to open the world’s first “robot farm”, as agriculture joins other sectors of the economy in attempting to fill labour shortages created by the country’s rapidly ageing population.

Spread, a vegetable producer, said industrial robots would carry out all but one of the tasks needed to grow the tens of thousands of lettuces it produces each day at its vast indoor farm in Kameoka, Kyoto prefecture, starting from mid-2017.

The robots will do everything from re-planting young seedlings to watering, trimming and harvesting crops.

The innovation will boost production from 21,000 lettuces a day to 50,000 a day, the firm said, adding that it planned to raise that figure to half a million lettuces daily within five years.

“The seeds will still be planted by humans, but every other step, from the transplanting of young seedlings to larger spaces as they grow to harvesting the lettuces, will be done automatically,” said JJ Price, Spread’s global marketing manager.

The new farm – an extension of its existing Kameoka farm – will improve efficiency and reduce labour costs by about half. The use of LED lighting means energy costs will be slashed by almost a third, and about 98% of the water needed to grow the crops will be recycled.

The farm, measuring about 4,400 sq metres, will have floor-to-ceiling shelves where the produce is grown.

Why have young people in Japan stopped having sex?
Read more
The pesticide-free lettuces will contain more beta-carotene – an antioxidant – than other farm-grown lettuce, the company said.

It plans to build more robotic plant factories elsewhere in Japan and, eventually, overseas.

3861

A worker checking lettuces at the indoor farm of Spread company in its Kameoka factory
Facebook Twitter Pinterest
A worker checking lettuces at the indoor farm of Spread company in its Kameoka factory.
Photograph: Spread/AFP/Getty Images
“Our new farm could become a model for other farms, but our aim is not to replace human farmers, but to develop a system where humans and machines work together,” Price said. “We want to generate interest in farming, particularly among young people.”

Price said the introduction of robotics will enable the firm to increase production by an additional 30,000 heads of lettuce a day to 51,000 a day between its two farms.

The firm, which supply lettuces to about 2,000 supermarkets in Japan, was quick to point out that the robot farmers will not be androids dressed in waxed jackets and tweed caps. Instead, Spread’s machines look more like conveyer belts equipped with custom-made robotic arms that can transfer lettuce seedlings without harming them.

The automated system will not only handle lettuces, but will also control the temperature, humidity and CO2 levels, as well as sterilise water and control light sources.

Lettuce growing is not the only agricultural sector in Japan that is turning to robots to address a dwindling and ageing workforce.

The agricultural machinery firm Kubota is one of several Japanese companies that are developing “muscle suits” for use by care providers, factory workers and ageing farmers.

A robot developed by the firm Shibuya Seiki and the national agriculture and food research organisation can pick strawberries at the rate of one every eight seconds.

Advertisement

Last December, Panasonic began field tests of a robot that uses a camera and image sensor to detect ripe tomatoes on the vine, before picking them, without damaging them, at the rate of about one every 20 seconds.

Japan’s shrinking agricultural sector is a reflection of a wider demographic crisis, with the average age of the country’s farmers rising to 65.9 in 2011.

According to government figures, agriculture accounted for just 1.2% of Japanese gross domestic product in 2013, while the number of full-time farmers was 1.7 million in 2014, down from 2.2 million a decade earlier.

The Nomura Research Institute predicted in a recent report that nearly half of all jobs in Japan could be performed by robots by 2035, most likely in “non-creative” sectors such as customer service, goods delivery and agriculture.

液体金属の流れで電気 電池が不要に!?

001_size4
【図解】液体金属が発電する仕組み
河北新報 11月3日(火)11時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151103-00000008-khks-l04
液体金属の流れで電気 電池が不要に!?

 東北大金属材料研究所の斎藤英治教授(物性物理学)のグループは2日、細い管に液体金属を流すだけで微弱な電気が発生することを突き止め、実際に電気を取り出すことにも成功したと発表した。大学院生の高橋遼さん(27)が原理を発見した。

 グループは、石英でできた直径0.4ミリの管に液体金属の水銀やガリウム合金を秒速2メートルで流し、1000万分の1ボルトという極めて微弱な電気を取り出した。発生する電気量は流れの速さに比例する。

 管の中を流れる液体金属は摩擦で渦を巻き、その影響で金属の中の電子も自転を始める。自転の強弱によって電気が生じるという。

 研究で中心的な役割を担った高橋さんは「液体金属流が電気を発生させる原理は理論計算で発見した。実験で証明できたのは、絶縁体である石英を管に用いることを思い付いたことが大きかった」と話す。

 斎藤教授は「発電装置の超小型化が可能。家電製品のリモコンに装置を組み込めば、ボタンを押す力で発電し、電池が不要になるかもしれない」と実用化に期待した。

Digital Structures MIT

tumblr_nugrres6AI1ug5hjio1_500

http://3dpchallenge.tumblr.com/
http://goo.gl/cYoIJu
http://digitalstructures.mit.edu/
http://www.gizmodo.jp/2015/11/151102livingonmars.html

Team: Digital Structures

Design: Ouroboros

Ouroboros is an additive manufacturing and spatial concept for producing architectural-scale composite structures that are high-strength, light-weight, and air-tight—all from compounds present on Mars. A shared symbol of ancient cultures, the ouroboros is the idealized embodiment of metabolism; an infinite process of re-creation, of something beginning anew as soon as it ends. Today, the aspiration of the ouroboros persists as we seek to initiate a new and sustainable human culture of technology and design on Mars.

The Ouroboros habitat promotes a metabolic rhythm of activity reflective of its circular geometry and processing of materials. The proposed materials processing unit, 3D CNC loom, and pultrusion module apply emerging technologies to synthesize a pressurized and climate controlled living space from Martian resources. Martian soil and air are processed and transformed into glass and plastic fibers that can be woven and pultruded into a strong, airtight composite shell; integrating structure, insulation, air barrier, radiant heating, and ambient lighting, within a singular structural surface. Using a new approach for the additive manufacturing of structural composites, a CNC loom forms the thermoset textiles into a global toroidal shape by combining pultrusion with three-dimensional textile weaving. Structurally, the lightweight tensile shell of the habitat takes full advantage of the reduced Martian pressure and gravity, allowing for minimal material usage and maximal reconfigurability of the interior. Contributing novel approaches to structure, material selection, programmatic flexibility, and spatial experience, Ouroboros represents a revolution in current thinking in sustainable, architectural-scale additive manufacturing and design on Mars and beyond.

Connect with this team via Instagram, Tumblr, Email & at digitalstructures.mit.edu.

3dpchallenge nasacentennialchallenge americamakes 3dprinting mars

1回の充電で航続距離は約415km! 米プロテラ社製のEVバス「キャタリストXR」

Proterra+Catalyst+XR+electric+bus+goes+258+miles+per+charge

http://jp.autoblog.com/2015/09/11/proterra-catalyst-xr-electric-bus-258-miles-per-charge/

1回の充電で航続距離は約415km! 米プロテラ社製のEVバス「キャタリストXR」
電気のみで走る大型バス(EVバス)の航続距離は、2009年に186マイル(約300km)、2014年には202マイル(325km)を記録しており、標準的な路線バスを1日運行するには途中で充電が必要だという考え方は急速に時代遅れになってきた。そして、もちろんEVバスの航続距離は今も伸び続けている。今回、米サウスカロライナ州のミシュラン・ローレンス・テストコースで、米プロテラ社の「Catalyst XR(キャタリストXR)」が、1回の充電で258マイル(約415km)を走行するという記録を達成した。

皆さんがお馴染みの電気自動車と同様、EVバス用のバッテリーも日々進歩しているので、中国の比亜迪汽車(BYD)やプロテラ社などのメーカーが生産するEVバスの航続距離が、このように伸び続けているのは自然な流れといえる。

プロテラ社は今年2月、1回の充電で180マイル(約290km)を走行できるEVバスを発表した。それから半年間で、78マイル(約126km)も向上するという大きな進歩を遂げたことになる。同社によると、平均的な都市バスは1日に200マイル(約321km)ほど走行するということだ。これならバス会社の運行管理部門は、静かでクリーンなEVバスを街中で走らせることを検討するようになるだろう。同社CEOのライアン・ポップル氏は、Autoblog Greenの取材に対し、航続距離の向上に伴い、EVバスにかかる総経費はディーゼルや天然ガスのバスに比べて安価になってきているとし、次のように述べた。

「EVバスを購入して運行しようとする背景にある原動力は、単に環境への配慮だけでなく、経済的にもメリットがあるからだ。弊社のキャタリストに掛かる総経費は、ディーゼルのバスと比較すると14万ドル(約1,672万円)、ディーゼル・ハイブリッドのバスと比較すると33万5000ドル(約4,000万円)も安く済む」

今回記録した航続距離の向上は、より大きいバッテリーパックを搭載したからという訳ではない。2月に行われた航続距離180マイルのEVバスの走行試験では321kWhのバッテリーが用いられていた。今回の航続距離258マイルのバスに搭載されていたのは”たったの”257kWhのバッテリーだ。エネルギー密度の向上により、現状だと321kWhのバッテリーならば300マイル越えも可能だとプロテラ社は述べている。来年はどこまで航続距離が伸びるだろうか?

独仏共同開発  効率46%集光型太陽電池セル

独仏協力で世界記録、効率46%の太陽電池
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1412/03/news054.html

フランスSoitecと同CEA-Leti、ドイツFraunhofer ISEは共同で、集光型太陽光発電に役立つ太陽電池セルの変換効率が46.0%に達したと発表した。Soitecは集光型太陽電池モジュール製品を既に量産しており、今回の技術を順次製品に展開する計画だ。

変換効率46.0%という太陽電池セルの世界記録。フランスSoitecと同CEA-Leti、ドイツFraunhofer ISEが共同で2014年12月1日に発表した値だ(図1)。

 46.0%という記録は、フレネルレンズを用いて太陽光を508倍、集光した場合の変換効率。集光型太陽光発電(CPV)に利用される技術だ。集光型は快晴の比率が高く、乾燥した地域に適した太陽光発電の手法。15cm角程度の太陽電池セルを並べるシリコン太陽電池技術とは用途が異なる。

 集光型用の太陽電池セルは小さい。というよりも製造技術上、大型化できないためレンズなどと組み合わせて使う。図1のウエハーの直径は100mm。セル1つの寸法は3mm角以下であることが分かる。

yh20141203Soitec_wafer_590px
図1 記録を達成した太陽電池セルを500個含む100mmウエハー 出典:Fraunhofer ISE/Photo Alexander Wekkeli
 集光型太陽電池セルの世界記録は、2013年9月に今回の3つの団体とドイツのHelmholtz Center Berlinが共同で発表した44.7%(297倍集光)。約1年で着実に効率を高めている。

 太陽電池セル開発担当バイス・プレジデントであるSoitecのJocelyne Wasselin氏によれば、今回の成果は変換効率50%を目指す技術開発の途中経過であり、近い将来50%の太陽電池セルを公開できるだろうという。今回開発した技術を既にフランス国内の生産ラインに組み込んでいるとした。

モジュールの量産も進む

 集光型太陽電池セルを用いた太陽電池モジュールの開発も進んでいる。Fraunhofer ISEは44.7%を記録した太陽電池セル52枚を、ドイツORAFOL Fresnel Opticsが製造したフレネルレンズと組み合わせた太陽電池モジュールを開発。

 2014年7月14日には集光型太陽電池モジュールの変換効率で、世界記録である36.7%(230倍集光)を達成したと発表している(図2)。製品化にまで1~2年を要し、1kWhを発電するコストが8ユーロセント未満になるという(関連記事)。

 集光型はレンズが必要であるため、競争力に劣るように思える。実際にはシリコン太陽電池よりも特定の用途に強い技術だ。

 Soitecは量産可能になった集光型太陽電池セルを用いたモジュールの販売を既に進めている。同社の子会社であるSoitec Solar Developmentは、2014年10月、米San Diego Gas&Electricと米カリフォルニア州の発電所向けに交流出力150MW(8万3400基)の販売契約を結んだと発表した。確かに、快晴の比率が高く、乾燥した地域という条件に合っている。

yh20141203Soitec_module_590px

図2 集光型太陽電池モジュールの外観 レンズの面積は1つ16cm2、下側にある白い「点」が1つの太陽電池セル(クリックで拡大) 出典:Fraunhofer ISE/ Photo: Alexander Wekkeli

どのような太陽電池を開発したのか

 46.0%という記録を達成した太陽電池セルには構造上の特徴がある。異なる化合物半導体を上下方向に4層重ね合わせた4接合太陽電池セルと呼ばれる構造だ*1)。

 4層を重ね合わせた理由は、1層、つまり単一の材料を用いた太陽電池では、理論上、約30%以上の変換効率を実現することはできないからだ*2)。

 実際、研究開発が進む太陽電池セル技術のうち、30%以上の変換効率を記録しているのは、2接合以上のものに限られる。米国立再生可能エネルギー研究所(NREL)が公開している技術別の変換効率の記録からも、このような事実を読み取ることができる。

 なぜ単一の材料では約30%以上を実現できないのか。その理由はこうだ。ある半導体材料を選ぶと、「Xnm(ナノメートル)」よりも長い波長の光を吸収できなくなる。さらに、Xよりも短い波長の光を吸収できるものの、その光のエネルギーの一部しか利用できない(関連記事)。

 例えば、Xを赤外線(長波長)に近くなるように設定すると、吸収可能な光の波長の範囲は広くなる。しかし、吸収した光のエネルギーの多くが無駄になる。Xを紫外線(短波長)の方に近づけると、吸収した光のエネルギーは無駄になりにくい。しかし、今度は吸収できる光の波長の範囲が狭くなる。Xを最適値にしたときに変換効率が約30%となる。

 この限界を突破する手法が多接合だ。今回は4つの層がそれぞれ異なる波長の光をほぼ均等に吸収するように設計した。このため、太陽光のうち、300nm(近紫外線)~1750nm(近赤外線)の範囲の光を効率よく吸収し、発電できる。

 4接合セルの開発に当たっては4層が生み出す電流を正確にそろえるため、化合物と層の厚みを調整する点に技術的なチャレンジがあったという。

 図3は、産業技術総合研究所(AIST)が測定した今回の太陽電池セルのI-Vカーブ(電流-電圧曲線)。短絡電流(ISC)が337.9mA、開放電圧(VOC)が4.227Vであり、曲線因子(FF)が85.1%と高い値であることが分かる。

 508倍に集光しているため、測定時の入射光の強度は50.8W/cm2と高い(太陽光の強度は1kW/m2)。

*1) それぞれの層はIII族の元素とV族の元素の化合物からなる。具体的な化合物の名称は公開されていない。なお、2013年9月に発表した変換効率44.7%の太陽電池セルも4接合である。同セルではガリウムインジウムリン(GaInP)とガリウムヒ素(GaAs)、ガリウムインジウムヒ素(GaInAs)、インジウムリン(InP)を各層に用いていた。
*2) これをショックレー・クワイサー(Shockley-Queisser)限界と呼ぶ。32.7%が限界値である。この限界値は太陽光に含まれる波長ごとの強度(太陽スペクトル)から求まる。

yh20141203Soitec_IVcurv_590px

図3 産業技術総合研究所(AIST)の測定結果 出典:Fraunhofer ISE

水と空気で走る電気自動車が2017年頃にルノー・日産が実用化

alcoa-phinergy-3_m
http://gigazine.net/news/20140614-phinergy-alcoa-electric-car/
トヨタ・プリウスに代表されるハイブリッドカーが街中にあふれ、さらにニッサン・LEAFのように100%電気の力で走行するEV(フルEV)の姿を見かけることも多くなってきましたが、今度は水と空気を燃料にして走行する「空気アルミニウム電池自動車」の開発が進められています。2017年にはルノー・日産アライアンスによって実用化される予定であることも明らかになってきたこの技術は、従来のガソリンの替わりに普通の水をタンクに給水し、アルミニウムと反応する際に生じる電力をエネルギーとして利用するというもので、理論上は1600kmという距離をノンストップで走り続けることが可能とされています。

Renault-Nissan To Use Phinergy’s Aluminum-Air Battery – HybridCars.com
http://www.hybridcars.com/renault-nissan-to-use-phinergys-aluminum-air-battery/

An Electric Car That Can Travel 1,600 Kilometers Unveiled By Alcoa And…
http://www.autogo.ca/en/news/technology-and-accessories/an-electric-car-that-can-travel-1-600-kilometers-unveiled-by-alcoa-and-phinergy

水と空気で走る究極のエコカーともいえる車両を開発したのは、イスラエルに拠点を置くPhinergy(フィナジー)社と、世界でも有数のアルミニウムおよび関連製品メーカー「Alcoa(アルコア)」のカナダ法人であるAlcoa Canadaの開発チーム。両者が開発した空気アルミニウム電池を搭載した車両はすでに走行実験を済ませており、F1カナダGPが開催されているカナダ・ケベックのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットでのデモ走行も実施されています。

そのデモ走行の様子が以下のムービーに収められています。

Alcoa-Phinergy electric car demonstration at Circuit Gilles-Villeneuve – YouTube

走行デモに用いられたテスト車両。ベースとなっているのは、トヨタとPSA・プジョーシトロエンによる合弁企業が開発し、シトロエンが販売していたシトロエン・C1とみられます。左側のドアには、Phinergy社の赤いロゴがデザインされています。

反対側にはAlcoa社のロゴが見えていました。

トランク部分には、どーんと空気アルミニウム電池のシステムが搭載されています。
cap00011_m

黒い姿を見せているのがシステムのメインとなる電池モジュール。正確なサイズや重量などは公開されていませんが、25枚のユニットをつなげたモジュールが上下に2台配置されており、合計で50枚のユニットから構成されています。

緑あふれるジル・ヴィルヌーヴ・サーキットの本コースに入りました。

順調に走行する車両。

さすがにレーシングスピードでの走行というわけには行かなかったようですが、4名の乗員を乗せて順調にコースを周回する様子。

2017年の実用化に向け、高いレベルまで技術開発が進められています。

Phinergy社が開発して実用化目前に達している「空気アルミニウム電池自動車」のシステムについて、以下のムービーで解説されています。

Phinergy drives car by metal, air, and water – YouTube

空気アルミニウム電池とは、空気中の酸素をアルミニウムで反応させることによって電力を発生させる電池。その仕組みは古くから知られていたものでしたが、実用化にはさまざまなハードルが立ちはだかっていました。

電池の内部では薄いアルミの板が負極の電極(Metal Anode)として持ちいられており、これに電解液(Electrolyte)となる水と、正極としての空気の層(Air Cathode)が配置されるいう構造になっています。通常の電池では正極にも金属を用いる必要があるのですが、今回はこれを空気に置き換える技術が開発されたことで大幅な軽量化が可能になり、高い重量エネルギー密度を実現して長い航続距離を得ることになった、というわけです。

PhinergyのCEOであるAviv Tzidon氏は、この技術がもたらすのは「非常に高いエネルギー密度」であり……

二酸化炭素を一切排出しない『ゼロCO2エミッション性』

環境に負荷を与えないことなどによるサスティナビリティ(継続可能性)

そしてほぼ100%のリサイクル性を挙げています。

用いられるアルミの電極は、Alcoa社のような企業が提供するアルミナ(酸化アルミニウム)から製造されます。電池の中で化学反応を起こしたアルミ電極は水酸化アルミニウムへと変化してしまい。以降はもう電極として利用することはできなくなります。そのため、Phinergyではアルミ板を交換可能なカートリッジ式とし、寿命を迎えたアルミ板を取り外して再利用するというリサイクルシステムを作り上げています。取り外されたアルミ板は再処理が施され、新たなアルミ素材(アルミナ)として再利用される、という仕組みになっています。

この車両に実際に試乗したBloombergの記者によるレポートがこちらのムービー。

Phinergy 1000 Mile Aluminum Air Battery On The Road In 2017 – YouTube

手に持っているのが、実際に使われているアルミ電極です。

ムービーを見るとわかりますが、少し派手なのを差し引くと普通の乗用車のように走行するデモ車両。

運転の様子も、特に変わった点はありません。

そしてたまに必要になるのが、電池用の水の給水。

ガソリン車と同じように、給水タンクにホースを差し込んで水を流し入れます。

実際に給水されている水を飲んでみる2人。このように、まったく害のない普通の水が使われるのも特徴の1つとなっています。Alcoa社によると、化学変化を起こし続けるために必要な給水は通常で1か月から2か月に一度でOKとのこと。

なお、この技術は自動車向けの用途に限らず、さまざまな方面での活用が可能とのこと。停電時のバックアップ電源や、災害時に電源を確保するための予備電源としての活用も可能とされています。

これらのムービーを見てもわかるように、空気アルミニウム電池自動車の技術はかなり実用化に近いところにまで達しているようです。実際にアルミ板をリサイクルする際には大きな電力が必要になるため、トータルで考えた二酸化炭素排出量やコストがどうなっているのか、注意深く見つめることも重要ではありますが、空想の世界でしか存在しなかった「空気と水で走るクルマ」がいよいよ実現するという瞬間が近づいてきているのは確実なようです。

【電力不要】海水を飲料水に変える!家庭用「淡水化装置」

一家に一台。安くて簡単に使える、そんな淡水化装置のデザインが話題です。
http://tabi-labo.com/163910/eliodomestico/

「Eliodomestico」は、海水を釜に入れて1日放置しておくだけで、飲める水をつくってくれます。電力など、機材を稼働させるためのエネルギーは一切必要ありません。

85singo_7_gabriele-diamanti-eliodomestico-prix-hemile-hermes-2011-working-1

85singo_7_gabriele-diamanti-eliodomestico-prix-hemile-hermes-2011-working-4

仕組みはとてもシンプルで、黒い蓋が太陽光で熱くなり、容器の中の気温が上がることで水が蒸発。器の中に蒸気が貯まっていきます。

85singo_eliodomestico-3

集まった蒸気は、高まった圧力の力でパイプを通り、下部のもうひとつの釜へと運ばれる構造です。1日待ったら、あとは貯まった水を器ごと取り出すだけ。

85singo_eliodomestico-5
エネルギーコスト“ゼロ”

これまでに開発されていた海水淡水化装置にも、海水を加熱して蒸発させる同じ機能がありましたが、エネルギーコストがとても高かったのが難点。

しかし、この釜なら1つ50ドルの出費で、半永久的に飲み水をつくることができます。1日に抽出できる純水は5リットル。水不足に悩む途上国の家庭にとっては飲料水確保のための貴重なツールとなりそうです。

Fast Companyではデザインをした「Gabriele Diamanti」氏のこんなコメントが。

「どれもこれも自分のアイデアではない。旅をしたり、NGOの団体に関わってきた中で聞いてきた多くの人の意見を元に考案したものだ。出来る限り、ユーザーにとってわかりやすくてフレンドリーなデザインにしたかった」
このデザインは、エルメス財団(フランス)主催のプロダクトコンペ、「Prix Emile Hermès competition 2011」にて、ファイナリストに残ったもの。その他にも、「Well-Tech Award 2012」や「Core77 Design Awards 2012」のソーシャル・インパクト部門など様々な賞を受賞しています。
オープンソースのプロジェクトとして公開されていますが、今のところ製品化には繋がっていないようです。

とは言え、低価格で簡単に扱えるその機能性には要注目。普及すれば多くの人々の生活や健康の助けとなりそうですね。

Licensed material used with permission by Gabriele Diamanti

京都大学などアンモニアを直接燃料とした固体酸化物形燃料電池(SOFC)世界最大規模(200Wクラス)発電に成功

<参考図>
zu1

図1 開発したアンモニア燃料電池スタック

平成27年7月22日

京都大学
科学技術振興機構(JST)
株式会社ノリタケカンパニーリミテド

アンモニアを直接燃料とした燃料電池による発電

アンモニアを直接燃料とした固体酸化物形燃料電池(SOFC)注1)で、世界最大規模(200Wクラス)の発電に成功しました。

総合科学技術・イノベーション会議のSIP(戦略的イノベーション創造プログラム)「エネルギーキャリア」(管理法人:科学技術振興機構【理事長 中村 道治】の委託研究課題「アンモニア燃料電池」において、国立大学法人 京都大学、株式会社ノリタケカンパニーリミテド、三井化学株式会社、株式会社トクヤマは共同研究により、アンモニア燃料電池の世界最大規模の発電に成功しました。

アンモニアはNH3で示されるように水素を多く含んでおりエネルギーキャリア注2)として期待されています。今回、アンモニアを直接燃料として供給できる独自のSOFCスタック注3)(図1)を開発し、アンモニアを直接供給した発電に成功しました(図2発電結果及び図3原理図)。これは、アンモニアのエネルギー利用技術の大きな進展となり、CO2フリー発電の実現が期待されます。

この技術の詳細は、2015年7月26~31日にスコットランド・グラスゴーで開催されるECS conference on Electrochemical Energy Conversion & Storage with SOFC-XIV で展示発表されます。
<開発の社会的背景>
近年、再生可能エネルギーの大量導入・利用の際のエネルギー貯蔵・輸送用の媒体として、エネルギーキャリアへの期待が高まっています。エネルギーキャリアは、常温常圧では気体の水素を、水素を多く含んだ化学物質に変換して、より簡便に貯蔵・輸送を行うための媒質です。アンモニアは炭素を含まず水素の割合が多い水素キャリアとして注目されており、発電用燃料としての利用に期待が高まっています。アンモニアを燃料として発電しても主に水と窒素しか排出しないことから、通常の化石燃料である炭化水素を利用した燃料電池に比較し、二酸化炭素排出量の削減効果が大きいことが期待されています。
<研究の経緯>
京都大学 大学院工学研究科江口 浩一 教授を研究責任者とするアンモニア燃料電池チームは、再生可能エネルギーの大量導入を支える水素キャリアの研究開発を推進しており、アンモニアを燃料とする燃料電池の開発に取り組んでいます。本発電試験は京都大学において実施されました。
なお、本研究開発は、平成26年度からスタートした内閣府SIP「エネルギーキャリア」の一課題として実施されています。
<研究の内容>
今回の直接アンモニア燃料電池は、図3に示すように、電解質であるジルコニアの片面に取り付けた燃料極に発電の燃料となるアンモニアガスを直接供給し、反対側の空気極に空気を供給することによって、両極の間で電力を発生させる原理に基づいています。今回の技術はこの燃料電池単セルを積層した200WクラスのSOFCスタックへ直接アンモニアを供給し、発電したものです。アンモニア燃料に適用するための各種部材を選定し、アンモニア燃料専用の新規SOFCスタックを開発いたしました。アンモニア燃料は、部材の接合部からリークすると、配管部が腐食したりするという課題がありました。このたび、アンモニア燃料を、リークなく封止できる特殊なガラスを開発できました。(株式会社ノリタケカンパニーリミテドが担当)その結果、アンモニア燃料を直接供給しても、高い発電能力を有するスタックを実現しました。
本スタックに、直接アンモニア燃料を供給して発電を行ったところ、純水素と比較して、同等レベルの良好な発電特性が確認されました。また、燃料電池の直流発電効率は255Wにおいて53%(LHV)が達成されました(注)。
(注)燃料電池に供給したアンモニアの低位発熱量に対する直流発電出力
<今後の予定>
アンモニア燃料を用いて、家庭で使用できる出力である1kWクラスの実証実験を行う予定です。また、アンモニア燃料は、分散型電源として、業務用の発電への展開も期待されております。

<用語解説>
注1) 固体酸化物形燃料電池(SOFC)
700~900℃で動作する酸化物セラミックスを構成材料とする燃料電池。発電効率が高く、天然ガスからの発電でその有効性が確認されている。燃料極、電解質、空気極から構成され、燃料には水素のほか一酸化炭素などが使用される。
注2) エネルギーキャリア
液体水素やメチルシクロヘキサン、アンモニアなど水素を多く含む物質のことで、エネルギー生産地で合成して、化学的に安定な液体として保存、運搬し、エネルギー消費地で水素を取り出すか直接エネルギーに変換して使用する。
注3) 燃料電池スタック
1個の燃料電池(単セル)では数10W程度の出力であるが、燃料電池をセパレーター(またはインターコネクター)と呼ばれる導電性の材料とを交互に数十~数百個コンパクトに直列に連結して、電圧及び出力を増加させた燃料電池の集合体。
<お問い合わせ先>
<研究に関すること>
江口 浩一 京都大学 大学院工学研究科 物質エネルギー化学専攻 教授
〒615-8510 京都府京都市西京区京都大学桂
Tel:075-383-2519 Fax:075-383-2520
E-mail:

高橋 洋祐 (株)ノリタケカンパニーリミテド 開発技術本部 研究開発センター
〒470-0293 愛知県みよし市三好町東山300番地
Tel:0561-34-6215 Fax:0561-34-6259
E-mail:

<JST事業に関すること>
吉田 秀紀 科学技術振興機構 環境エネルギー研究開発推進部
〒102-0076 東京都千代田区五番町7 K’s五番町
Tel:03-3512-3543 Fax:03-3512-3533
E-mail:

<報道担当>
京都大学企画・情報部広報課
Tel:075-753-2071 Fax:075-753-2094
E-mail:

科学技術振興機構 広報課
Tel:03-5214-8404 Fax:03-5214-8432
E-mail:

(株)ノリタケカンパニーリミテド 広報室
Tel:052-561-7110  Fax:052-561-9721
E-mail:

一部の放射性元素は、特殊溶液中でレーザーに露光すると、すばやくかつ簡単に中性化することが判明

150719-4
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=94336

竹下雅敏氏からの情報です。
 情報の出所がしっかりとしているので、本当だろうと思います。もし、この方法で福島のタンクの汚染水を中和出来るとすると、未来に希望が持てます。
 何かの光を当てれば、中和出来るだろうと感じていましたが、レーザー光とは思いませんでした。ブラウンガスやマルチアークでも放射能の中和に関する情報がこれまで出て来ていたので、新しい技術を用いるのだろうと思っていたのですが…。
(竹下雅敏)
————————————————————————
「放射能を中和させる方法を発見」
転載元より抜粋) ロシアNOW 15/7/17
d10
Lori/Legion Media撮影

 国際原子力機関(IAEA)が7月に発行した「原子力技術報告2015」によると、昨年末の時点で世界には放射能の度合いの異なる放射性廃棄物が6800万立方メートル以上形成されたという。この状態で、多くの放射性物質の崩壊には時間がかかる。

 プロホロフ一般物理研究所マクロキネティクス非平衡プロセス実験所のゲオルギー・シャフェエフ所長率いる同研究所のチームは最近、放射性廃棄物を処理する課題の解決にかなり近づいたことを明らかにした。一部の放射性元素は、特殊溶液中でレーザーに露光すると、すばやくかつ簡単に中性化することが判明した。

発見は偶然

 発見は実験所でレーザー照射によるナノ粒子生成の実験が行われていた時に、偶然起こった。溶液中の金属から、ナノ粒子は文字通り叩き出される。研究者はさまざまな金属と溶液で実験した。

 研究チームが放射性トリウム232の溶液中に金を浸したところ、溶液はナノ粒子の生成とともに、放射線を放出しなくなった。変換が起こったのである。この効果はウラン238でも同様にあった。福島原発事故で知られているセシウム137の半減期は30年だが、整えられた条件のもとでは、1時間以内に中性バリウムに変わる。

 「我々も、核科学者たちも、まだこの現象の科学的説明を行うことができない。おそらく、溶液をこういう条件に置くと、その原子核の周囲、すなわち電子の外殻の状態が変わるのだろう」とシャフェエフ所長は話した。

 崩壊の加速化には、何らかの高融点金属すなわち金、銀、チタンなどが溶液中になければならない。「物質の減衰速度は化学的環境すなわちその原子の外殻電子に依存する。ナノ粒子が局所的にレーザー電磁場を強化できるおかげで、我々が電子配置を変えられることは明らか」とシャフェエフ所長。

(続きはここから)
検証から実践へ

 シャフェエフ所長のチームは現在、ドゥブナ合同原子核研究所の結果検証を待っている。超高純度ゲルマニウムをベースにした敏感型ガンマ線スペクトロメータを物理学実験所に持ち込む。これによって、プロセスをリアルタイムで観察できるようになる。対照実験はセシウム137で行われる。

 ドゥブナ合同原子核研究所核反応実験室の上級研究員であるサルキス・カラミャン氏はこう話す。「このプロセスを自分の目で見ないと、説明探しができない。私は実験核物理分野で50年以上仕事をしているが、レーザー光または特定の化学的環境のもとで核の崩壊が急に加速するとは信じ難い」

 研究者はすでに、未来の開発の具体的な応用についてすでに考えている。土壌へのレーザー浸透力はマイクロメーターで測定されるため、これを使ってチェルノブイリなどの陸上で放射線を中和させることはなかなかできないだろう。だが水であれば、大きな可能性がある。

 「もちろん、土壌を集めて、ろ過することは可能。だが、溶液の方が作業しやすい。つまり、タンクからトリチウムやセシウムを含む汚染水が流出し続けている福島で、この開発が多くを是正するかもしれない」とシャフェエフ所長。

  • bitcoin

  • bitcoin donation ★12281wF9G4VWNtcAh1vPqKxLz1zyG3PwnX ✪ アンドロメダでは広く会員募集と共に寄付も受け付けております 上限下限はございません 上のフォームからお申し込みください 寄付のみの場合 匿名でのお申し込みも可能です メールアドレスのみ使用可能なものをお入れください その他のご相談もフォームにお書きください
  • ★入会簡単メール★


    マジカル・パワー・マコさんの
    放射能対策 移住カウンセリング
    始まりました(’電話スカイプどちらでも)
    すでに多くの方が移住を開始しています

    価格は一時間3万円です
    お申し込みは簡単メールで
    放射能の脅威は十分理解していても
    移住に踏み切れない方
    色々な問題を整理しきれない方は
    マコさんと話すことで解決しています
    一刻も早く諸問題を整理しながら
    デトックス生活に移行しないと
    放射能被害が顕著になります
    アンドロメダ簡単入会したい方も
    下の簡単メールからもできます
    こちらは30分のカウンセリング付き
    入会費5,000円です月会費なし
    折り返し返信いたします ↓
  • アンドロメダ教育システムも始まります

  • Andromeda-TV Open!!

  • ☆ アンドロメダ レコーズ も始まります

  • Radiation levels in the open air at Fukushima Medical University

  • Created by Webpac
  • ROBOT アンドロメダ 放射能汚染 3D (22)
    4K (3)
    AI (1)
    Alex Collier (1)
    Andromeda Council (3)
    Andromeda Records (8)
    Andromeda University (9)
    art (7)
    biohouse (40)
    cafe (2)
    camera (5)
    Channeling (4)
    concept bike (5)
    Cs137 (8)
    DNA (9)
    DOOM (8)
    EARTH QUAKE (15)
    EV (19)
    Farming (2)
    gallery (9)
    game (1)
    GREENPEACE (1)
    HAARP (5)
    live (2)
    live info (1)
    magicalpowermako (4)
    movie (2)
    neutrinos (1)
    News (28)
    NIBIRU (2)
    PC (9)
    PM2.5 (1)
    relax (27)
    sr90 (1)
    timetunnel (1)
    tree house (5)
    twitter (1)
    volcano (4)
    Yuri Bandazhevsky (1)
    アーク ARK (1)
    アトランティス (5)
    アンドロメダ コンセプト (2)
    アンドロメダTV (15)
    アンドロメダ入会寄付 (4)
    ウコン (1)
    エイリアン (7)
    オーロラ (2)
    ガン (3)
    キャンピング (8)
    キルショット (5)
    ケムトレイル (6)
    コンタクティー (4)
    チェルノブイリ (1)
    チャット (2)
    テクノロジー (78)
    デトックス (13)
    マイクロ水力発電 (1)
    ムー大陸 (1)
    モバイル (4)
    レアメタル (1)
    人工地震 (2)
    兵器 (14)
    北朝鮮 (1)
    太陽 (11)
    宇宙兵器 (8)
    宇宙開発 (35)
    富士山大噴火 (4)
    小惑星 (4)
    廃炉 (5)
    建築 (18)
    放射性降下物 (17)
    放射能汚染 (81)
    放射能無害化 (6)
    政治 (10)
    教育 (2)
    未分類 (25)
    植物 (10)
    植物異変 (1)
    樹木発電 (1)
    正十二面体  Dodecahedron (2)
    気候 (13)
    汚染食品被曝 (4)
    津波 (6)
    海洋汚染 (11)
    環境汚染 (20)
    発電 (13)
    白血病 (4)
    空海 (2)
    自然エネルギー (20)
    薬草 (1)
    被曝 (32)
    遷都 (5)
    阿蘇山大噴火 (1)
    電子脳 (11)
    非常事態 (27)
    飛翔体 (13)

    WP Cumulus Flash tag cloud by Roy Tanck requires Flash Player 9 or better.

  • mini-items.net
  • 願掛ブログパーツ
  • 2016年5月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグ

  • メタ情報